ニキビ跡のケア方法について、クリニックでのケア

33ニキビ跡には、赤みになるにきび跡、茶色になるにきび跡自宅でのケアで改善することはできますが、クレーターになるにきび跡やしこりになるにきび跡、ミミズ腫れになるにきび跡は自宅でのケアは完全に治す事はできないので、放っておくとより悪化することもあるので、できるだけ早く専門機関に行くことが必要です。

もし自宅でニキビケアをしたいのであれば、ここがオススメです。

クリニックでは大きく分けると、ピーリング、レーザー、患部への注射、皮膚移植の4つの治療ができます。

ピーリングは、 ピーリング剤を塗り、肌表面に溜まった古い角質を剥がすことで、ターンオーバーを正常にし、肌の再生を早めます。料金の目安は、3,000円〜20,000円/回で使用するピーリング剤や他施術のプラスにより、料金が異なります

レーザーは、 レーザー光を患部に当てることで、コラーゲンの再生を促進し、コラーゲンが増えることで、へこみ部分を再度盛り上げることができます。料金の目安は、30,000円〜50,000円/回(ほほの場合)、治療する範囲により異なります

患部への注射は、 患部へ直接、FGFと言われる細胞増殖因子の注射をすることで、皮膚細胞を増やしていくことができます。スカスカだったコラーゲンなどが増殖し、へこんでいた肌がふっくらとしてきます。症状が比較的軽度の人であれば、1回で改善できる場合もありますが、完治となると2〜数回は行わなければならないことが多いです。料金の目安は、10,000円〜40,000円/回(ニキビ跡1ヶ所の場合)、治療する範囲により異なります

皮膚移植は、 患部以外の皮膚(細胞)をニキビ跡に移植する治療法です。手術後、半年〜1年間は経過を見ていくこととなります。料金の目安は、350,000円〜で、クリニック・治療回数によって異なります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です