ワキの黒ずみの原因と解決法

わきの黒ずみ
ノースリーブやタンクトップを着たとき、ちらっとワキの黒ずみが見えて恥ずかしい思いをした事があります。ワキの黒ずみの一番の原因は、メラニン色素の沈着です、脇の黒ずみをとるためには、ワキの下にできるだけ刺激を与えないことが必要です。体にぴったりしすぎる服やきつい下着は摩擦が大きくなるので、肌への刺激が強くなります。

また汗をかいて蒸れた衣服を着替えないでいると、ワキの皮脂汚れや黒ずみを招く可能性があり、夏や運動した後など、特に多く汗をかきやすい時は、こまめに拭いたり着替えたりして、ワキの下を清潔に保つよう心がけないといけません。

特に夏は、ワキの汗やニオイをケアするために制汗剤を使う機会が増えてきますが、汗腺を塞ぐ制汗剤も、ワキの黒ずみの原因になるので、刺激の強いものを避け、過剰に使用しないなど、製品選びや使い方には注意する必要があります。

ムダ毛の処理も、間違ったやり方をすると肌に負担をかけて黒ずみを引き起こすことがあります。ワキの下のムダ毛をカミソリを使って処理する場合は、クリームを塗ってできるだけ摩擦を少なくし、剃る方向は、毛の流れに沿って、刃をすべらせるようにして剃ります。剃りきれず残った毛のみ、無理のないように逆剃りします。

わきの黒ずみ解消
毛抜きで抜く場合は、入浴や温タオルでワキを温め、毛穴を開いてから行います。毛穴が閉じた状態で抜くと、埋没毛やブツブツ毛穴になりやすいです。脱毛のあとは保湿が大切で、美白効果のある肌に合った美容液を染み込ませたコットンでパックをするのも良いです。

きれいなワキのためには、規則正しい生活と食事も大切です。黒ずみの予防・解消に効果的とされる主な栄養素は、ビタミンCとビタミンEです。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの生成を助けるため、美白化粧品の成分としても使われています。

正しい洗顔でいつもキレイに!

洗顔
朝の洗顔やお化粧落とし、しっかりやっておかないと後で大変な事に!
正しい洗顔をマスターしてお肌を守ろう。

まずは水かぬるま湯で顔をすすごう。ぬるま湯を使うなら38℃くらいがベストかな。毛穴が開く感じがして汚れが浮きやすい。
逆に熱いのはダメ。皮脂を落とし過ぎちゃうから。

それから洗顔料を手のひらで適量泡立てましょう。この時あれば便利なのが泡立てネット。ドラッグストアや100円ショップで簡単に手に入るヨ。

きめ細かい、弾力ある泡を立てて、手のひらを下に向けても落ちない程度の泡の固さにしよう。そしてゆっくりと顔に広げましょう。泡が汚れを包み込んで浮かせてくれるの。

ゆっくり優しく、額は中心から外側へマッサージするように。他の部位も基本的に中心から外側へらせん状にクルクルと洗います。目の周辺や小鼻の周りは中指を使って念入りに洗おうね。
洗顔は絶対にゴシゴシとやってはNG!角質が傷ついて乾燥肌や敏感肌になっちゃうの。自分の顔を大事に大事に洗いましょう。

そしてすすぎ。この時も出来ればぬるま湯が良いね。額の髪の毛の生え際や首筋、小鼻の周りなどは泡が残りやすいから、しっかりと!
泡が残ってると肌荒れの原因になっちゃう。最後に冷たいお水ですすごう。毛穴をキュッとひきしめる感じで。

泡がしっかりと落ちたのを確認したらタオルで水分を拭き取ろうね。この時も絶対ゴシゴシは厳禁。当然のように肌を傷める原因に。
優しくタオルをあてて水分を拭き取ろう。

毎日のしっかりとしたお手入れがお肌の良い状態をキープするから、いつまでもキレイで若々しくいるために、日々の努力を怠るべからず〜。

ドラッグストアで購入した、蒟蒻スポンジを使用しています。

ぶどうスポンジ
モコモコの泡で洗顔をするのって、凄く楽しいですよね。
私はスキンケアの中で洗顔が一番好きなので、洗顔剤は何種類も使用をして来ました。
気に入っている洗顔剤はいくつかありますが、今一番のお気に入りが「どろあわわ」です。
付属の泡立てネットを使用しながら泡立てを始めると、直ぐにモコモコ泡が大量に出来上がるんですよ。
洗顔後の肌はしっとりと潤い、肌がワントーン明るくなります。
この後に使用する化粧水の浸透も、ぐっと良くなります。

この間美容院に行って女性雑誌を読んでいたら、私が憧れている女優さんが洗顔時に蒟蒻スポンジを使用していると言う記事が載っていました。
蒟蒻のぷにゅぷにゅっとした感触を一度体験してみたいと思い、美容院の帰りにドラッグストアに行きました。
するとゴンドラの角に蒟蒻スポンジが沢山ぶら下がっていたので、1つ購入をしました。

budou02
まずは蒟蒻スポンジに充分水分を含ませ、柔らかくします。
そしたら泡を肌に乗せ蒟蒻スポンジでクルクルと円を描くように、優しくマッサージをして行きます。
小鼻周りのざらつきが気になっていたので、念入りにマッサージしてから良く洗い流しました
するとザラザラしていた小鼻周りが、驚くほどスベスベになりました。

刺激は殆ど無いので、私のような敏感肌でも安心して使用することが出来ました。
蒟蒻スポンジで洗顔をするようになってからは、肌がまるでむき卵のようにツルツルになったので大変喜んでいます。